オーディオ機器
アンプ

アンプ

真空管アンプ

真空管アンプ

プリメインアンプ

プリメインアンプ

プリアンプ

プリアンプ

パワーアンプ

パワーアンプ

スピーカー

スピーカー

ヘッドホン

ヘッドホン

イヤホン

イヤホン

レコードプレーヤー

レコードプレーヤー

トーンアーム

トーンアーム

レコード針・カートリッジ

レコード針・カートリッジ

ポータブルプレーヤー

ポータブルプレーヤー

デッキ・コンポ

デッキ・コンポ

コンバーター

コンバーター

音響機器

音響機器

アクセサリー・その他

アクセサリー・その他

× 閉じる

Accuphase(アキュフェーズ)のアンプ・プリメインアンプの買取・相場価格や高く売るコツをご紹介!

Accuphase(アキュフェーズ)は、1972年に設立された日本の音響機器メーカーですが、当初の社名はアキュフェーズの前身である「ケンソニック株式会社」でした。現在の社名「アキュフェーズ株式会社」に変更されたのは創業10周年目の1982年からになります。社名のアキュフェーズは、Accurate(正確な)とPhase(位相)を組み合わせた造語です。

創業者の春日仲一と春日二郎の兄弟は、オーディオブーム到来時に大量生産モデルが中心となっていく潮流とは反対に音の高級品を追求していきます。オーディオ製品の中でも高級品に相応しいものに限定した、アンプやプレーヤー関連の開発・製造・販売をした結果、この路線はオーディオファンに支持され、さらに国内屈指の独自の音響技術や、生産ラインにベルトコンベアを用いないという徹底したこだわりが注目されることになりました。

この記事では、Accuphase(アキュフェーズ)のアンプ・プリメインアンプの市場価格や高く売却するコツが書かれています。

Accuphase(アキュフェーズ)のアンプ・プリメインアンプを買取に出される方は参考にしてみて下さい。

私たちトレードライブはオーディオ機器の買取を行っており、特に現在はAccuphase(アキュフェーズ)のアンプ・プリメインアンプの買取を強化しています。

専門の査定スタッフが最新の相場から慎重にお品物を確認しておりますので、信頼性のある買取価格をご提示できます。

Accuphase(アキュフェーズ)のアンプ・プリメインアンプを売却される方は是非、トレードライブへお問い合わせください!お客様のお問い合わせをお待ちしております!



この記事は次のような人におすすめです!

  • Accuphase(アキュフェーズ)のアンプ・プリメインアンプの売却をお考えの方
  • Accuphase(アキュフェーズ)のアンプ・プリメインアンプの買取価格が知りたい方

プリアンプ・パワーアンプとプリメインアンプの違い

そもそもアンプとは、増幅するという意味のアンプリファイア(amplifier)から来ています。そのことからわかるように、プレーヤーから出力された、微弱な音楽信号を増幅して十分な音量をスピーカーに伝えるのがアンプの役割になります。
アンプのメインとなる役割は音楽信号の増幅ですが、その他にもどの音源を鳴らすかを選ぶ入力切り替え(インプットセレクター)や音質の調整、音量調整などがあります。

プリアンプ・パワーアンプ

プリアンプは、入力切替や音質調整などを増幅する前(プリ)のアンプのことです。調節するという意味もあるのでコントロールアンプと言われることもあります。
パワーアンプは、前述したプリアンプから送られてくる電気信号を更に増幅させてスピーカーから再生できるレベルにする役割をもったアンプです。

プリメインアンプ

プリメインアンプは、プリアンプとパワーアンプが筐体内で一体化したアンプになります。2つのアンプを統合させたことからインテグレーテッドアンプとも呼ばれています。スピーカーとの相性が大事なため、スピーカー選びがとても重要になってきます。

Accuphase(アキュフェーズ)のプリメインアンプ

1974年に発売された「E-202」から2024年に発売された最新モデル「E-700」まで、独自のテクノロジーを投入し、音質、性能の向上を目指し続けたプリメインアンプは多くのオーディオファンを魅了しています。

プリメインアンプ E-800

E-800はインテグレーテッド・アンプのフラグシップ・モデル。プリアンプ部にはC-3850で採用した『Balanced AAVA』方式ボリューム・コントロールを最適化して搭載し、パワーアンプ部には『インスツルメンテーション・アンプ』や『パワーMOSFET』6パラレル・プッシュプルA級動作を採用しています。そのため本格的なセパレート・アンプに匹敵するクオリティが実現可能となりました。

プリメインアンプ E-700

E-700は、2024年4月に発売された新モデルで、Accuphase(アキュフェーズ)が50年に渡り培った高度な設計テクノロジーを結集した純A級ステレオ・プリメインアンプになっています。プリアンプ部は『Balanced AAVA方式ボリューム・コントロール』を搭載し、入力端子から出力端子まで信号の流れ全てが完全バランス構成として、高純度の信号伝送が可能となっています。

Accuphase(アキュフェーズ)のプリメインアンプの市場での価値

Accuphase(アキュフェーズ)のプリメインアンプは、およそ半世紀の間、高品質、高性能を維持してきた国内屈指のアンプであるため中古市場でも高値での取引が続いています。

以下に挙げるのは、Accuphase(アキュフェーズ)のプリメインアンプの買取参考価格です。※価格は、状態、在庫状態によって変動しますので予めご了承ください。

型番 買取参考価格
プリメインアンプ E-470 220,000円
プリメインアンプ E-480 280,000円
プリメインアンプ E-600 280,000円
プリメインアンプ E-5000 420,000円
プリメインアンプ E-800 520,000円

買取価格は、市場価値、状態、付属品の有無などに基づいて算出されます。
正確な評価のためには、専門的な知識を持つ業者による査定が必要です。

私たちトレードライブはスピーカー・オーディオ機器の買取を行っており、特に現在はAccuphase(アキュフェーズ)のアンプ・プリメインアンプの買取を強化しています。

専門の査定スタッフが最新の相場から慎重にお品物を確認しておりますので、信頼性のある買取価格をご提示できます。



Accuphase(アキュフェーズ)のアンプ・プリメインアンプを売却される方は是非、トレードライブへお問い合わせください!お客様のお問い合わせをお待ちしております!

Accuphase(アキュフェーズ)のアンプ・プリメインアンプを高く売るコツ

Accuphase(アキュフェーズ)のアンプ・プリメインアンプの買取価格を高めるためには、いくつかの重要なポイントに注意する必要があります。

現在使用している場合

取扱説明書にも書かれている通り、本機の上にものを置いたり、放熱ができにくいと前面と後面がふさがれているラックに設置するのは避けてください。蓄積されたダメージによって買取査定の動作確認時に異常がみられる場合があります。異常がみられた場合大幅に買取価格が下がるので、大切に正しく使用してください。

アンプ機器の状態を良好に保つこと、付属品を保持すること

見た目がきれいだと、査定時の印象が良くなり、良い値段が付きやすくなります。買取に出す前に軽く掃除をしておくことをおすすめします。また、購入時に付属していた箱や保証書など残っている場合それらを一緒に買取に出すと、査定額がアップしやすくなります。

複数の見積もりを取る

一つの業者だけでなく、複数の買取業者から見積もりを取ることで、最も高い価格を提示する業者を選ぶことができます。
オンラインの見積もりサービスや直接店舗に足を運んで相談するのも良い方法です。

買取業者の選定

買取業者を選ぶ際には、その評判や過去の取引実績を確認し、信頼できる業者を選ぶことが重要です。
専門的な楽器買取業者の方が、一般的な中古品買取業者よりも適切な価値を見極めてくれることがあります。

Accuphase(アキュフェーズ)のアンプ・プリメインアンプやスピーカー・オーディオ機器を売るならトレードランドへ

オーディオ機器の買取をお考えの方はトレードランドにお任せください!
オーディオ専門の査定員がお客様のターンテーブル・レコードプレーヤーを適切に買取いたします。

無料のLINE査定を使用すれば、直接お店にお持ち込みいただかなくても査定金額をお伝えすることができます。

まずはお気軽にお問い合わせください!お客様のお問い合わせを心よりお待ちしております!



お試し歓迎の査定はすべて無料。今すぐ3つのカンタン査定で価格をチェック!!